紳士服に使われる糸と生地について

男性の社会人なら必ず購入することになる紳士服ですが、自分が身に付ける服については知っておいた方が良いです。
まず、紳士服つまりスーツには2種類の糸が使われて、生地についてもシアサッカーとフランネル、ギャバジンなど多くの種類がありますが、オールシーズンで利用されるサージとギャバジンの2種類を紹介します。
最初に、紳士服で使用される糸は梳毛糸と紡毛糸の2種類ですが、梳毛糸は羊毛を梳って長く細く作られた糸でスーツでは主流となっています。
また、紡毛糸は羊毛というのは同じで、基本的には高級感のあるスーツで使用されています。
次にスーツの生地についてですが、サージはスーツとしては一般的なものとなり手触りは滑らかで、耐久性にも優れています。
ギャバジンは耐久性と保温性に優れ、折り目が細かい上に耐水性も持ち合わせているのが特徴です。
その他にも季節ごとに合わせた生地はありますが、そのようなものは通気性に優れたいたり、若干厚めに作られていたりします。

紳士服の生地は季節ごとに最適な種類が異なるのが基本

紳士服選びの中において、それらを構成する生地というのは極めて重要な要素であり、耐久性や着心地、そして季節による快適性といった大半の基本的性能に関わってきます。
これらの着こなしに慣れた人は、やはり生地の種類や質についても十分に吟味しており、自分のニーズに合致した製品しか選んでいないものです。
紳士服は各種ウールや一部ではコットンを加工して作られています。
また素材自体の違いの他にも、出来上がった生地そのものの厚さにも違いがあります。
これにより通気性や肌触りが変化し、オールシーズンや夏向け、秋冬向けといったアイテムが分類されているのです。
冬向けの紳士服はウールの量を増やした厚手で暖かい素材がメイン、また対象的に夏向けは滑らかな肌触りで薄手織りの素材がメインとなっています。
各素材の種類やグレードによる値段の変動、そして自分のニーズに最適な種類の提案なら、確実にスーツショップのスタッフが対応してくれる筈です。

check

激安のカラコンはこちら
http://barbieye-shop.co.jp/

2016/5/18 更新